ご神木

2017年11月27日 (月)

2017.11.27長崎・五島 ご神木巡礼2 樫の浦のアコウ

Img_6805_r_2

長崎 五島・ご神木巡礼2

福江島 樫の浦のアコウ

DATA of TREE
▽樹種:アコウ(クワ科・常緑高木)
▽学名:Ficus superba
▽樹齢:不明
▽樹高:約10m/根周り:約15m
県指定天然記念物(昭和27213日指定)
▽所在地:長崎県五島市平蔵町1570

ああ、木の中にとりこまれてしまう・・・confident

もしも、1人でここに来ていたら、私はこの木の一部となっていたでしょう。

木に寄りかかったまま、一歩も動けないで、ずずーっと気根に巻かれて、垂れ下がる気根と気根の間、その内側へ、奥深くへ、ぐいぐいと体が吸い込まれていくような・・・

 長崎港からフェリーで福江島へ。港から車で約20分ほど。小さな港のすぐそばを山のほうへと進むと、まさに“神宿る”存在として立っています。

神さまの木、アコウ。この木と出会うために、ご神木や巨樹を巡ってきたような・・・気がしています。
 

※詳細をホームページにアップしました。
周辺の教会巡りのことなども書いています。
どうぞ、ご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/photo_essay/j_tree/nagasaki/20171228_ficus_inNagasaki.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

2017.11.26長崎・五島 ご神木巡礼1奈良尾神社のあこう樹

Img_6596_r_2

奈良尾神社のあこう樹(クワ科・常緑高木)


▼樹齢約650年(国指定天然記念物)
▼樹高:25m 幹周り:12m
▼所在地:長崎県・新上五島町奈良尾郷333(五島の1つ)

Img_6686_r

このあこうの下、くぐりたかった! 

11月中旬、長崎市からちょっと足を延ばして、五島の1つ、
新上五島(しんかみごとう)へ。

奈良尾港から徒歩15分ほど、「奈良尾神社」の石造りの鳥居をくぐると、また鳥居!? 

あこうの根が二股に分かれ、その根と根との間を通って境内に入るようになっています。

樹齢650年以上の大樹、おそらく鳥居が立つ前からこの木は立っていたでしょう。この木の下をくぐった人は“長生きできる”と言われています。以前から本では知っていた憧れのご神木。やっと、くぐることができました。

Img_6392_r

この木のそばに2時間くらいいたでしょうか。途中、宮司さんがお茶を出してくださって、嬉しくてhappy01

Img_6628_r_2

境内に立つイチョウのご神木も今がいちばん美しい時期。「ぜひ、イチョウも見て行ってください!」と言われて、境内にあるベンチに座っておしゃべり。金色の葉がはらはらと舞う中、いただいたお茶は、宮司さんの気持ちも嬉しく、心も体もほっとあたたまる時間でした。

Img_6463_r


本殿で、夫が奉納剣武をさせていただきました。

私はあこうの木の下で、奉納演武「天真一法」の型をしました(上写真)。あこうのエネルギーをカラダいっぱいに受けて、確かに長生きの力をいただいたみたいですheart04

Img_6660_r_2

木の洞(うろ)にぽこんとはまって、ひとねむりconfident

Img_6690_r

あこう樹、全体はこんなにもこもこの樹冠です。

Img_6692_r

奈良尾港から徒歩15~20分。ところどころに、「あこう樹➡」の看板があるので、迷わずに行けますよhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

2017年11月6日入籍しました

P1050045_r

12
5日に日光・二荒山神社で結婚式を挙げました。

そして翌日、2人で婚姻届けを出しました。

彼は、神さまからの贈り物heart04

人生の師匠が評するに、「太陽をいっぱいにあびた、ふかふかのおふとんみたいな人」。そのとおりの人です。一緒にいると、ホッとします。

今まで、お互いに、ひとり我が道を歩いてきて、結婚が遅くなりました。いつの間にか、いちばんそばにいる人になって、心と心がつながっていきました。

一生懸命生きてきた、天からのごほうびかな。これからずっと2人で生きていきます。

彼のご両親もやさしい方です。安心して、毎日を過ごしています。

お母さんに花嫁姿を見せてあげることもできました。

神さま、ありがとうconfident

写真:日光の神橋を渡ったところで、彼のお父さんが撮ってくださいました。

heart01世界遺産 日光二荒山神社Night Wedding
http://nikkofan.jp/topics/topics.php?id=255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

日本ご神木巡礼―妙光院のイチョウ Ginkgo in Tokyo

Rimg0077_r_2

公式サイト「日本ご神木巡礼」アップしましたheart04

「妙光院のイチョウ」in TOKYO

樹齢:不明
樹高:約25
幹周り:約3.9
所在地:東京都府中市本町11613 妙光院

↓こちらをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/photo_essay/j_tree/tokyo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

公式サイト聖樹巡礼 「東根の大ケヤキ(山形県) 」

S1_img_0001

公式サイトの「聖樹巡礼~日本ご神木巡礼」に、
大きな大きなケヤキの木をアップしましたheart04

樹齢約1500年以上! 
東根の大ケヤキ(山形県) 

➡こちらからご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/photo_essay/j_tree/akita/20170316Keyaki_zelkova_in_akita.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

20160721i第51回生命の樹シリーズ‹13›ムクノキ:縁結びのご神木

Img_5801a_2_r

【メルマガのお知らせ】
『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
生命の樹シリーズ〈13〉ムクノキ―縁結びのご神木
World Tree Series 13「Aphananthe aspera」

6月の終わり、出雲を旅した。縁結びの神様がいらっしゃるこの地で出会ったのは「命主社(いのちぬしのやしろ)のムクノキ」。ご縁がご縁を呼んで、蛇巻きのモミ、巨大神殿の御柱とされるスギとも出会った。出雲の旅へ、ご一緒にどうぞ。

『foomii杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵』
プロフィール左横の「今月発行済みのメルマガ」からお入りください。
【フーミーのご購読はこちらから】 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

2016.3,6メルマガ「foomii聖樹巡礼」第42回東日本大震災を生き延びた木

Img_3712_r

【メルマガ配信中】

foomii杉原梨江子の聖樹巡礼』
第42回 東日本大震災を生き延びた木祈りの樹
 

2011
311日、東日本大震災から5年が経ちました。瓦礫の山と化した東北の地で、かけがえのない人や大切なものを失った人々のそばで、すっくと立ち続けた木々があります。今、ここに残しておきたいと思います。「いのちの木」をめぐって、岩手、宮城、福島へ。

高田松原・墓標の樹、大船渡の三陸大王杉(岩手県)/払川の千本桂、南三陸の椿並木(宮城県)/相馬中村神社の親子杉(福島県)/かつて、松林が命を守っていた。新しい高田松原のために
etc

clover花の裏シンボル図艦は「忘れな草」です。

※フーミー「今月発行済みのメルマガ」からお入りください。
【ご購読はこちらから】

写真:払川の千本桂(宮城県)樹齢約550年 ▽樹高:30メートル 幹周り:数十本の株立ち 所在地:宮城県本吉郡歌津町払川(2014年9月24日撮影)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金)

東日本大震災を生き延びた木 「天神大杉(陸前高田)」

Img_3998_r


天神大杉(てんじん・おおすぎ)
 
所在地:岩手県陸前高田市気仙町 今泉天満宮

樹齢:約800年
 

希望の一本松から車で10分ほど、今泉天満宮のご神木。

津波によって、社殿も鳥居も石の階段も一切が流されました。

小高い丘の上、このスギの木と、口の欠けた狛犬だけが残りました。

この木も、地域の人々にとっての「希望の木」です。


残念ながら塩害で枯死し、今年伐採されることが決まったそうです。
毎日新聞ニュース「樹齢800年の大杉、無念の枯死」(2016年1月26日付)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

2016.2.21foomii第41回 生命の樹<4> リンゴ―愛と罪の木

Img_4668_r

foomiiメルマガのお知らせ】2月21日配信 apple 

杉原梨江子の聖樹巡礼~巨樹が語る森の知恵」
41回 生命の樹シリーズ〈4〉リンゴ愛と罪の木
World Tree Series Apple

 古代、リンゴは愛と豊穣のシンボル。いつからか、罪のリンゴと汚名を着せられたが、イヴが蛇にそそのかされて食べた果実がリンゴだなんて、旧約聖書にはひと言も書かれていないことをご存じ? エデンの園に立つ「生命の樹」とともに、リンゴが語る真実を探ってみたい。

 リンゴをめぐる「生命の樹」伝説は、 
・“禁断の果実”の正体を知る木(トルコ・カッパドキア)
・ギリシャ神話のリンゴ―天空を支える存在として
・リンゴの花の精霊に見染められた若者の話
・妖精の国アヴァロンは「リンゴの島」―ケルト伝説
etc

花の裏シンボル図艦は「菜の花」です。春らしい一皿~菜の花を使った料理も紹介しますshine

happy01 フーミー「今月発行済みのメルマガ」からお入り下さい。
http://foomii.com/00086

 

  




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 3日 (木)

2015.9.3「東京巨樹の会」in 筑波山AM

Simg_8868

久しぶりに参加しました「東京巨樹の会」。主宰の巨樹写真家・高橋弘さんが今日連れて行って下さるのは筑波山です。

3月、南アルプスの巨樹めぐりをして以来のこと。HIROAHIMAで「被爆樹めぐり」をしていたから、巨樹めぐりは半年ぶりかしら…happy01

☆聖樹巡礼2015-31
妻神社の大ケヤキ

所在地:茨城県下妻市下妻乙80 下妻神社境内 
樹齢:500年 樹高:26.5 幹周り:8.65m 

おへそのある木!!


幹の中央にデベソみたいなおへそがあるんですhappy02

Simg_8882

ケヤキのおへそ、アップで撮ってみましたsign01

Simg_8851

幹は大きく傾斜して、木が動いている様子も見られます。大地にしっかり根づいた根っこの上、地上部はどこかに向かって、進みたがっているよう。それから……。

Simg_8972

筑波山ケーブルカーで山頂へ。

Simg_8974_3

宮脇駅を出発。約8分で山頂に到着です。

Simg_8977_2

いろいろな巨樹との出会いはこれからが本番ですheart04



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧