Seminar セミナー・講演

2019年12月 2日 (月)

2019.11.30セミナー報告「古代ケルト聖なる樹の教え」第4回

【ケルト・セミナーの報告】
★日時:2019年11月30() 11時~15時30分
★ケルトの暦:闇の半年
★テーマ:森へ還る、わたしに還る
主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」(埼玉県比企郡吉見町)

E6ru9twft2yntkjn6cq71g_r

こんにちは。1130日(土)、拙著『古代ケルト聖なる樹の教え』をテーマにしたセミナーの第4回目が無事に終了しました。

出版して10年以上が経つのに、「この本、大好き」と言ってくださる方がいるのは幸せです。そんなファンの1人、中村薫さんから「ぜひケルトのセミナーを」と要望があって始めた会です。

1人が一方的に話すのではなくて、ご一緒に何かできないかしら・・・と相談して、薫さんが営むカフェで、ランチ付きのセミナーを開催することにしました。ただのランチではありません。ケルトの人々が食べていた食材、調理法、聖なるハーブや果実、聖なる動物を使った料理を薫さんが創作します。

今回のテーマは「森へ還る」。ハロウィンが終わり、111日にケルトの新年が明けました。「闇の半年(111日~430日)」が始まったばかりですが、これから寒さがつのり、家にこもることも多くなる季節です。そこで、「内なる自分と対話する―森へ還る、わたしに還る」をテーマに1日を過ごしました。くわしい内容は参加してくださった皆さまとのヒミツ。写真とともに少しだけご紹介します。

Wwoh4qetqxcv63q_1gdpxa_r
<前菜>ケルティック・ノット・プレート「海 空 大地」
ケルト文様をお皿にデザインしました。左上は聖なるサーモン、知恵の象徴です。

Z7s62tcetcohgndqu2lvlq_r
<メイン>聖なるどうぶつ「ポークの香草焼き キノコ添え」
ブタは「おおらかさ、のんき」のシンボル。楽しく平和な毎日を約束する動物です。

_5mc1crjtcqfdfsvbgerlg_r Bg7y4qr8qggt1scxltleta_r
<デザート>愛の果実「まんまるリンゴのパイ包み~神秘のペンタグラム」とエルダーフラワーのティー。
リンゴを横に切ると、五芒星(☆)が出てくることから、魔法の力を宿すと信じられました。

Ew4kihhrxslhpk14aw4mw_r 7s_0p2lyqt6jkbobcq80jw_r
寒い冬を乗り切るさまざまな工夫がケルトの生活にはありました。赤い実は魔除け。松ぼっくりは金、豊かさ。

Qglqgapmsaavo7gu5ilka_r_20191202150101
「わたしに還る」ため、チューリップの球根を使った瞑想もしましね。

こうして前半はケルトの風習や、聖なる果実、木々のお話などをしながら、「森へ還る」をカラダと心で体感していただきました。後半では皆さんのシンボルツリーについて話しましたよ。「誰もが1本の木を抱いて生まれてくる」と考えていたケルトの人々。生まれた月日によって守護樹があります。今回はイトスギさん、エルムさん、ブドウさん、マツさん、ヤナギさん、ナナカマドさん。同じ木の人もいましたね。とはいえ、木は日々成長していますから、生まれた月日でそれぞれメッセージは違いましたね。
D18_plglsaixjgrfybukwg_r
5月、「光の半年」を迎えるまでの時間、木々のメッセージが心に響き、毎日の生活に生かしていただけたら嬉しいです。

いらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
また、お目にかかりましょう! by Rieko Sugihara

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

桐の花さん、ありがとう

1rqtwloyr82i4jkbxtc5a_r

ストロベリーカフェのすぐそばには桐の木があります。ちょうど満開。美しい紫色の花を咲かせていました。昨年も、私たちを待っていてくれたかのように、ちょうどケルト・セミナーのとき、咲きました。

桐は、東洋の聖なる樹です。シンボルは「高貴」。日本では女の子の成長を見守る木ですね。この日、風の杜への行き帰り、皆さんを見守ってくれていたようでした。

桐さん、ありがとう✨




| | コメント (0)

2019.4.20セミナー報告「吉見の森のおはなし会 古代ケルト聖なる樹の教え」第3回

Vtxqsc8yqswbbchzpolqaw_r_1

【ケルト・セミナーの報告】
★日時:2019年420()
★テーマ:光の半年
★キーワード:ドルイドの薬草学
★主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」(埼玉県比企郡吉見町)

I46mu8avrceei8encwb4dq_r

こんにちは!
420日(土)、拙著『古代ケルト聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)をテーマにしたセミナーを行いましたので、報告します。

Av5fqhbitvi9fl0nogqt8w

数年前、カフェ・ストロベリー・フィールズのKaoru.Nさん(料理探究人)から声をかけていただいて、スタートしたこのセミナーも第3回目。年2回、10年続けよう!と目標を立ててている私たち。今回は第1回目から参加してくださっているMさんがお友達をたくさん連れてきてくださって、新しい方もいらして、前回の倍の人数でお迎えすることになり、嬉しい叫び声をあげつつ、2人で準備を進めました。

陽ざしが美しい季節の始まり。ケルトの暦でいうと「光の半年(5月1日~1030日)」のためのヒントをちりばめて、みなさまと楽しい1日を過ごしました。くわしい内容は参加してくださったみなさまとのヒミツ♪ 写真とともに少しだけご紹介します。

K5bodyvqvamdnpoezckdw_r
セミナーの始まりは森の中で。カフェから歩いて15分くらいのところに「風の杜(もり)という名前の素敵な森があります。風の音しかしない。ふわ~っと包み込むような風が吹いてきて、時々、小鳥の鳴き声。あ、うぐいす。喧騒から離れて、木々の声に耳を傾けるひととき。。。

58049047_344639152690701_868710720916475

森の中で、自然とたわむれるボディワーク。1本の大きな木になったつもりで。左がKaoruさん。photo by Y.S.



Cvchbvzqps0rskyv3xm_q_r-2

風の杜から散歩しながら、カフェに戻ってきて、ほっとひと息。サンザシの実のシロップを出しました。

このケルト・セミナーでは毎回1つ、とくに注目してほしい、ケルトの聖なる樹を紹介して、実際に料理やデザートでいただきます。今日は光の半年の始まりを象徴する「サンザシ(ハーブ名/ホーソン)」です。サンザシの実はKaoruさんのお庭から採ったもの。

サンザシを味わいながら、ケルトの聖職者ドルイドが大切にしていたとされる薬草・薬木について話しました。

おまちかねのケルティック・ランチタイム。ケルトの人たちが食べていたかもしれない食材を使ったり、ケルト文化や神話・伝説からのインスピレーションで、料理探究人のKaoruさんが創作しました。

35obmpq0sxgp6qeltv7k1q_r
Gnleewtwtgsgpyqfpmrxig_r
前菜「雪解けサラダの光降るジュレ」

Q0stabiqfa8reyzihqakg_r
メインディッシュ「森の使者のパイ包み~薬草の香りとともに~」

Mfy2un7hrmskbyqjac0thg_r
デザート「妖精のおうち ベリーの庭」&サンザシの花のお茶。

Kg8mbjywshenvhlbzpubma_r-2

そして、午後はみなさまに生まれた月日別「シンボルツリー」からのメッセージをお伝えしました。お1人お1人に伝える前に話したことがあります。
「シンボルツリーのメッセージはすべてが聖なる木々の知恵であり、大切なメッセージ。他人事と思わないで、みなさまへの言葉として受け止めてください」

あのとき、同じ空間にいた皆さま、心に響いた言葉をこれからの半年、毎日の生活で生かしていただけたら嬉しいです。

C2jrgqp4tgmsalste4llnq_r 

最後は皆さまに感想を言っていただきました。その1つ1つの言葉が私の心に深く深く、残りました。

皆さま、ありがとうございました。

次回は10月以降、「闇の半年(11月1日~4月30日)」を迎えるためのセミナーを行います。

みなさま、また秋にお目にかかりましょう。

 



| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

2018.12.14仙波るいさん個展「紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」に協力しました

Img_6700_2_r
オーディンの奥様、女神フリッグ(ノルウェー・オスロ市庁舎前の木彫り壁画 2013撮影)

【北欧神話のアート】

「女神ノルンの爪に描かれたルーン文字は何ですか?」

と質問されたのは9月半ば。CASEギャラリーの湯川さんから、作家さんが「北欧神話」をテーマに作品をつくるためにお話を聴かせてほしいと言われて、お目にかかりました。テキスタイル・アーティストの仙波るいさん。

北欧神話のエピソードを教えて!どんな動物が出てくるの? 神さまの服装は? 冒頭の超マニアックなことまで、ビジュアル化するにあたって、質問いろいろ。思いがけない問いかけに答えるの、楽しかったなあ。

仙波さんの独特の感性によって、北欧神話がどんなふうにアレンジされているか、とても楽しみです。

どの神さまが出てくるのかな?
動物はリスのラタトスク?
カラスのフギンとムニン?
オオカミのフェンリル?
宇宙樹の枝にとまるシカ?
あれから着々と作品をつくられてきました。

そして出来上がった
「北欧神話」を描いた、布と糸のアート。北欧神話に登場するノルン(運命の女神)や神さま、動物たちが布に染められて、さらに絵に糸を刺していくという技法でつくられています。この絵のてんてんはじつは針で糸を刺したものなんですよ!ちくちくちくちく、、、不器用な私にはとても想像のできない、丁寧な手仕事です。

今日12月14日(金)から個展がCASEギャラリー(代々木八幡)で開催されます。


★「仙波るい個展 紡戯ごと~北欧神話を紡ぐ」
20181214(金)~113()まで。
場所:CASEギャラリー(最寄り駅・代々木八幡or代々木公園駅約10)
 
↓詳しくはCASEさんのホームページをご覧ください
http://case1823.blogspot.com/2018/12/case-gallery.html 


丁寧でやさしい、心のこもった作品の数々。布と糸によって現代に蘇った、北欧神話の神さまたちに会いに来てください
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

2018.12.1【報告】吉見の森のおはなし会「古代ケルト 聖なる樹の教え2~闇の半年のために」

Img_1043_r_2
ケルトのシンボル「うずまき」を象徴する本をご紹介。


【ケルト・セミナーの報告】

こんにちは。今日は121日(土)に開催したランチ付セミナーの報告をします。埼玉県吉見町のカフェ「ストロベリー・フィールズ」のKaoruさんとのコラボ企画で、今春からスタートしたばかり。年2回行うケルトのおはなし&ケルトランチの会です。

吉見の森のおはなし会 2
「古代ケルト 聖なる樹の教え
~闇の半年のために」
杉原梨江子(文筆家)×中村薫(料理探究人)
日時:121日(土)10時~14時30分
場所:ストロベリーフィールズ(埼玉県比企郡吉見町) 
参加費:6800円(ランチ代含む)
■参加者:6名様
主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」

Img_1078_r_5
ケルトの聖なる果実・リンゴのパイとうずまきクッキー


万物に精霊が宿ると考えていた古代ケルトの人々に思いを寄せながら・・・。移りゆく黄葉が美しい森のそばにあるカフェで、私たちは自然ともに生きていることを実感する1日でした。

聖なる樹、果実、動物たち、アロマetc. 寒く厳しい冬となる「闇の半年」を元気に楽しく過ごすためのヒントをちりばめましたよ。「闇の半年」とは、111日から始まるケルトの新年から、夏至を迎える前、430日までの期間をさします。光の半年は51日から1030日まで。

古代ケルトの人たちは、「太陽は朝昇り、夕べに沈む」とは考えませんでした。沈んだ太陽は夜明けになると「闇」から出てきて、再び生き返り、明るく輝き始めるのです。闇から光へ、夜から朝へ、秋冬から春夏へ、死から再生へと、自然界を、対極をなす現象を繰り返すものとしてとらえていました。無限に続く流れの中で、再生が起こる直前の暗闇こそ、新たな始まりの時、と考えていたのです。そして、そのことを象徴する「うずまき」についても勉強しました。ケルト遺跡の渦巻文様、『ケルズの書』etc.

【今回のキーワード】うずまき

Img_1065_r
Img_1064_rImg_1058_r
「わたしのうずまき」の形は?クッキーに描いてみました。

【ハロウィンのホント】
10月の終わり、今年もかなり盛り上がっていたハロウィン、じつはケルトの風習だったと知っていますか?ケルトの新年111日の前日、1031日は異界と現世の境界があやうくなる時。異界から妖精、妖怪、魔女、死者などがこの世に現れてくると信じられていました。かぼちゃのランタン、仮装してお菓子を配る習慣などはケルトの人たちが行っていた風習の名残りなのです。

Img_1049_r
ハロウィンのかぼちゃ、じつは「かぶ」だったって、知っていました? ランチタイムのスープ。

【ケルトの木の暦】
誰もが1本の木を抱いて生まれてくる・・・。あなたのシンボルツリーからのメッセージをお伝えしました。今回の参加者は、ブドウ、ナナカマド、クリ、サンザシ、イトスギ3名様


【ケルト・ランチ&デザート】
古代ケルトの聖なる魚、野菜、果実をいただきました。

Img_1053_r
知恵の王者・サーモンソテー、知恵の実ハシバミ風味 緑のソース

Img_1046_r
ケルトの聖なる果実ハシバミのパン

Img_1070_r
聖なる愛のリンゴ・パイとサンザシ・ティー&うずまきクッキー(上写真)。

Img_1042_r

この世のすべての存在が聖なるいのち、魂。そして、あなた自身も聖なる存在です。

来年も「ケルト」をテーマに吉見の森でおはなし会を行います。光の半年が始まる4月と、闇の半年が始まる10月か11月を予定しています。詳しいことが決まったらお知らせしますので、どうぞお出かけください

Img_1039_r
Img_1038_r
木の香りのするカフェで行いました。

ケルト・セミナーのパートナーは、カフェ「ストロベリー・フィールズ」の料理探究人 Kaoruさん。今回もケルトのインスピレーションで、おいしくて、神秘的で、素敵な料理をありがとうございました

Img_1037_r_2

杉原梨江子著『古代ケルト 聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)
【くわしくはこちらかどうぞ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

2018.11.30大田区立雪谷小学校で平和授業しました

Cimg1389

11
30日、大田区雪谷小学校6年生3クラスのみなさんに、「被爆樹木―原爆を生きのびたヒロシマの木」をテーマに平和授業をしました。

学校司書のMurayamaさんから、「ゲスト・ティーチャーとして、原爆について話してくれませんか?」と声をかけていただき、2016年、2017年と続き、3回目になります。

9月、みなさんは国語の授業で、『平和のとりでを築く』(筆者:大牟田稔氏)を読み、原爆ドームについて勉強しています。受験シーズンを前に、戦争、原爆について考えることを忘れないでほしいという先生方の願いから、呼んでいただいた平和学習の時間です。

日程:20181130日(金)
時間:4時限目 1130分~1215
場所:大田区立雪谷小学校・多目的室

※詳しい報告は杉原梨江子オフィシャルサイトをご覧ください。
http://rieko-sugihara.com/information/20181130ABT_Yukigaya-shou3.html

Img_1009_r
6年1組のみなさんが書いてくださった歓迎メッセージ。給食を一緒にいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

2018年8月末まで 展示「原爆を生きのびた木、咲いた花」in 日比谷図書文化館

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料
内容
194510月、アサガオの花が咲いた
・被爆後の植物の状態、斑入りのフジバカマ
・「原爆の絵」と木
・被爆者が語る木
・絵本『おこりじぞう』最後の1枚 etc.

Img_0320_r

Img_0327_r
併設展示
「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」
同館で85日に開催された、講演会に関連する書籍を展示。息子、光さんのお話と、女優・木内みどりさんによる絵本『おこりじぞう』朗読。こちらの展示も合わせて、ご覧ください

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.8.6『絵本おこりじぞう』最後の1枚に描かれた白い花

2018dsc022342_r_2

詩画人・四國五郎さんの『絵本おこりじぞう』

最後の1枚に白い花が描かれています。

四國さんはどんな思いでこの1枚を描かれたのでしょうか。

息子・光さんと、絵本を企画した当時の担当編集者、斎藤雅一さん(金の星社会長)からのメッセージをパネル展示しました。

被爆樹木の写真と合わせて、どうぞご覧ください。

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料

併設展示「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」

 

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

ささやかな一瞬が人生の宝物になる 2018.4.1

20170617_160159_r

一日の中で、いちばん豊かな時間はいつだったでしょうか。いちばん笑顔になれたのはどんなときだったでしょうか。この一週間のなかで、かけがえのない瞬間はだれにでもきっとありました。

わたしはこの間の日曜日を思い出します。薫さんの家でセミナーの打ち合わせをしていたときのことです。チュッチュ、チュッチュと小鳥の鳴き声が聞こえてきました。高く響く声はどんどん大きくなっていきます。

「あ、小鳥がヒナにエサをやっているんだわ。小鳥の巣が見えない?」

薫さんの家の前は小さな森のようになっていて、芽吹いたばかりの木々が空いっぱいに広がっています。その一本に小鳥の巣をかけたそうです。すると小鳥がやってきて巣をつくり、子育ての真っ最中。

チュッチュ、チュッチュッ、ピピピピ。

薫さんと耳を澄まして、しばらく小鳥の声を聞いていました。春の日差しが射し込む部屋でふたり、静かに、静かに。緑は透きとおって輝き、通り抜けていく風は芽吹きのエネルギーに満ちていました。

春の時間。大切な友だちと小鳥の声に耳を澄ますひととき。目にはまぶしい緑の光。このときの風景をわたしは一生忘れることはないでしょう。

ささやかな一瞬が人生の宝物になる、そんなことを思った一日でした。

今がどんなにつらい状況でも、抱えている問題で不安な夜を過ごしていても、自分の心をちょっと明るくする瞬間が、誰にでもきっとあると思います。

一日の中で、一週間の中で、心にポッと灯がともった瞬間を思い出してみてください。思い悩む人の行く道にも、ひと筋の光が差し始めると、わたしは信じています。

20170617_093101_r
薫さんの家の近く、一本道。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

2017.12.10被爆樹木を伝えることの難しさ

原爆を生きのびたヒロシマの木-「被爆樹木」について話す機会が増えた。しかし、話すたびに不安になる。伝わっているのだろうか。少しは興味をもっていただけただろうか。昨日もまた、不安でいっぱいのまま、家に戻ることになった。

今回は自分からのアプローチでなく、写真家の浅見俊哉さんからお誘いいただいた。アートを仕事にする人々の集まり<SMFアート井戸端会議>である。イベントのタイトルが「被爆樹木について 今について 未来について 語ろう」というものだった。だから、全く興味のない人はいないだろうし、「被爆樹木」について知りたいと思ってくださる方がいらっしゃるだろうと期待したが、どうもそうではないらしかった。

浅見さんは被爆樹木の「影」を撮り続けるアーティストだ。ヒロシマの影を残した人(広島平和資料館に影が残る石が展示されている)と重なり、心に響くテーマだと思う。何よりも写真が美しい。「原爆」からはかけ離れた世界にも感じる。しかし、彼の写真を見た人が、その美しいヤナギの葉に心惹かれ、じつはそれが“原爆投下後に再び芽吹き、今も生き続ける木”であると知ったとき、どう感じるのか? 焼け野原に芽生えたと感動するのか、被爆した木?とぎょっとするのか。「こわい」と言った人もいると聞いた。放射線の影響を考えての発言だろう。どんな感想にせよ、「原爆」に関心をもっていただくきっかけとして、すばらしい作品だと私は思う。だからこそ、今回「一緒にクロストークをしていただけませんか?」と依頼にすぐにOK のお返事をした。

「被爆樹木について 今について 未来について 語ろう」
日時:2017年12月10日(日)
場所:埼玉県立近代美術館 3階講座室
主催:SMFアート井戸端会議

トークでは、前半で私が「被爆樹とは何か?木のそばで何が起こったか」を被爆の特徴(ヤケド痕、ウロ等)がよくわかる木々を中心に紹介、後半では浅見さんが「アートとしての被爆樹木」について語られ、残りの時間で2人の対談という流れであった。

25152351_1068646319905113_886244602
24991427_1068646709905074_339919838

浅見さんとのお話はとてもおもしろかった。私自身、1人黙々と、被爆樹木を追い続ける取材のなかで感じていたことを、浅見さんも感じられていたことに、ホッとするような、勇気をいただくような気もした。

いちばんへこむ言葉として、被爆樹木を通して原爆を伝えることに対し、「軽い」「甘い」「真剣に考えていない」というご意見がある。浅見さんも個展の時などに同様のことを言われていたと知り、ああ、やはり同じような反応はあるのかと納得した。そういう心傷つく意見に対し、浅見さんがどう向き合っていったか、そんな話も聴くことができて、本当によかった。同じテーマをもつ人がいることの心強さを感じたクロストークであった。

24991515_1068646009905144_720782352

一方で、参加者の方々の反応は今一つというか、あまり関心を持たれなかった印象があり、またもや、へこむ。「被爆樹木」を少しずつ紹介していく、私の話の展開がつまらなかったのかもしれないと反省しきりだったが、ひと晩経って思ったのは、根本的に参加者の方々は、浅見さんのアートとしての「被爆樹木」には関心があるが、原爆から蘇った木々―被爆樹木そのものには関心がないのではないか、という思いである。被爆樹木のそばで生きてこられた被爆者の話も少ししたが、重いと感じられたのかもしれない。また、私はアートの創り手ではない。表現の仕方は様々だと思うのだが、そのことも無関心の度合いを深めたようにも感じた。

それぞれの人にとって、“身近なこと”として、被爆樹木を考えていただけるように“伝える”ことは難しい。まあ、自分の力不足なのだが。

ただ、身近なこととして、と考えると、関心のない大人たちよりも、子どもたちのほうがはるかに、身近な存在として、戦争、原爆=核兵器をとらえているように感じている。今年、都内の小学校6年生に平和授業をする機会を得たとき、ひしひしと感じた。

「ボクたち、わたしたちの未来に、戦争が起きるかもしれない。核兵器が使われるかもしれない。ボクはもしかすると、戦争に行くことになるかもしれない」

と、漠然とした恐怖感をともなって、“身近なこと”として、感じているのではないだろろうか、と。被爆樹木の傷あとの写真を見せ、原爆について話しながら、そんな真剣さが伝わってきた。この子どもたちにこそ、伝えていきたいと思う。

1日を振り返って、さまざまなことを考えた。
今までも主催者に興味をもっていただいて講演を引き受けるが、現場でアウェイ感の強いことは多々ある。「興味なし、終わり」的な対応。興味がない人に知っていただく工夫をいつも考えているが、今年はへこむことも多く、講演のたびに反省、反省。

どんな立場にしろ、講演にいらしてくださった方々に、「ああ、今日は来てよかった」と思っていただける伝え方、話の展開をもう一度考えてみようと、新たな闘志が湧いてくる1日であった。

声をかけてくださった浅見さん、SMFアート井戸端会議のみなさま、貴重な機会をありがとうございました

※撮影:SMFアート井戸端会議(浅見さんfacebookより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧