HappyFlower

2017年2月18日 (土)

『花のシンボル事典』初夏出版予定

Img_1658_r_3

ここしばらく、向き合ってきた「花」たちの神話、伝説、古代文明の神秘……。

昨日、編集者Sさんに最終原稿を渡して、少しほっとしたところです。

この企画を出版社に持ち込んだのは2013年、出版までに長い時間がかかってしまいました。

やっと、やっと、1冊の本という形になります。

ずっと「木」を見つめてきた私に、花たちがささやいてくれたからでしょうか。

「花」に目をとめ、心を向けて、書き始めました。

タイトルは、『花のシンボル事典』 (説話社より)。

内容は、古代エジプト、古代ギリシャ・ローマなどの花の誕生伝説や神話、古代文明におけるシンボル、歴史上の人物の花のエピソードなど、古代から現代まで受け継がれる「花のシンボル」を集めた事典。

バラ、ユリ、スミレなど身近な花から、日本ではなじみがなくても、世界では聖なる花とされるギンバイカ、クサノオウなどまで、約220種類の花を紹介しますheart04

初夏5月頃、出版予定です。

少し先ですが、お楽しみに待っていてくださいネhappy01

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

薔薇づくしのウェディング・パーティー

S20141019_181333

今、スウェーデン語を勉強しています。大きな木が物語の中心にある北欧神話、世界樹から生まれたルーン文字など、私がさらに研究を続けていきたい資料にはスウェーデン語で書かれたものも多いのです。

「原書で読みたい!」
そんな思いで始めた勉強ですが、かなり難しい言語です。ま、気長にやっていきますhappy02

でも、嬉しいこともいっぱいで、スウェーデン語を通してたくさんのお友達と出会いました。この1年で外国人の友達がたくさんできました!

それを実感したのは、スウェーデン語を教えていただいている先生のアフター・ウェディング・パーティーに出たとき。

一年前だったら、壁の花になっていたところですが、スウェーデン人のお友達や、スウェーデンに関係する仕事をしている人にもたくさん会って、おしゃべり。いつの間に? 私、こんなにお友達ができてる
?! スウェーデンから来日したアーティストの方も紹介していただきました。すばらしい出会いをありがとうwink

(写真削除)

何よりも、そんなチャンスをくださったN
先生、ご結婚おめでとうございます!

この日、すばらしかったのは、花はバラだけ! なんて潔い! 髪を飾る花も手にした花もheart04

ドレスコードは、Red&Glamorous ということで、私、数年ぶりに着物を着てみました。

Simg_3336_2_2

N先生への花束も赤”で“ゴージャス”に! スウェーデン語の友人3人と相談して贈ったのはこんなバラのアレジメント。

S20141019_180435

色っぽいダークレッドのバラに、北欧で「絶対的な愛」の象徴とされる赤いリンゴを添えて。着物も花も、お祝いの席に華を添えることができたら嬉しいなと思ってapple 

 この夜、まさに赤い情熱がほとばしるゴージャスな時間でした。

N先生とYさまのお幸せを心からお祈りしていますhappy01


inスウェーデン大使館




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

春よ来い

Srimg0092


春が早く来ないかな。

氷の写真はひやっとしますね~。ブログに来てくださった方、寒い思いをさせてごめんなさい。

心もからだのあたたかくなるオレンジ色のポピー。

ぽかぽか陽気のなかを早く散歩したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

開運花を飾りましょう!

Srimg0068


『アンアン』編集部から、原稿確認のメールが送られてきました。

自分の部屋をHappyな空間にするというコンセプトの特集号の取材でした。

私がアドバイスしたのは、部屋を浄化したり、生命力を高めてくれるお花たち。

黄色い花は、太陽エネルギーがいっぱい! 心が落ち込んだときに、笑顔を取り戻してくれる花です。

グラスに飾って、キッチンに置くのがおすすめデス。

朝ごはんを食べるとき、今日も一日楽しく過ごそう!って、元気をくれますよ。

★3月7日発売『アンアン』インテリア特集号(マガジンハウス)で、今から飾りたい“Happy Flower”を紹介しています。

あなたのお部屋にも、幸せを呼ぶ花を飾りましょう!

って、ここまで書いて思い出しました。子どもの頃、飼っていた犬がある日突然、赤ちゃんを3匹産んでびっくりしたこと。

オス犬だと家族全員が思っていたの~。

そのうちの一匹に、「ハッピー」と名づけたなあ、なんて懐かしい思い出です。

開運花について早く知りたい人は、私の本を読んでね。オールカラーで、ながめているだけでもHappyになれますよ!

『Happyグリーン&フラワー ~植物がくれる、癒しと浄化~』(1000円・永岡書店刊)

Photo

http://amzn.to/zmqmW5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

彼岸花の思い出

Simg_5287 Simg_5280_2

どうして、わたしはこれほど、彼岸花に惹かれてしまうのだろう。

深紅に燃える情熱の花。すーっと伸びた花芯は燃え立つ心のほとばしり。

飛び散った赤い心は、どこに向かうのか・・・。

今年、彼岸花と出会う頃、どこももう終わりかけていて、しぼんで色もあせて、盛りの終わりを感じる赤ばかりだった。

昨年、出会った赤は静かな散歩道。ともに出会った人はあのときの彼岸花を、いえ、わたしを、覚えていてくれるだろうか。

Simg_5285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

朝顔が満開です

Simg_3115

毎朝、窓を開けると、目に飛びこんでくるのは、たくさんの花をつけている朝顔。

昨年の種を蒔いていたのだけど、今夏の猛暑でなかなか花が咲きませんでした。

やっとやっと咲いたと思ったら、毎日こんなにいっぱい花を見せてくれて、ありがとう。

ピンク色が心に優しくて、美しくて、清らかで。

いつまでも眺めていたくなって、お出かけ時間に遅刻をしてしまうのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

今日も恵みの雨

Ajisai2010617

雨が好き。

青いあじさいが好き。

雨にぬれるあじさいはもっと好き。

★Happy Green&Flower・・・あじさい。移り気という花言葉がある一方で、「忘れがたい恋への思い」という意味も秘めているです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

春はまだ?

Srimg0087

早く、春が来ないかなあ。

待ちどおしくて、目の覚めるような黄色い花、のせました。

昨年、箱根の九頭龍神社にお参りしたとき、撮ったもの。

黄色い花は、思わず笑顔になっちゃう、明るくて、気持ちいい花。

太陽エネルギーがいっぱいで、元気がわいてきますね。

変化をもたらす力があるので、新しい気持ちで人生をスタートできます。

九頭龍さんは力強いパワーをくれるお金の神さま、仕事発展の神さまです。

あなたの今日一日が、太陽みたいに輝きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

東京で幻の青いケシと出会えるのは

Srimg0313_2 

青いケシ(ブルー・ポピー)は、ヒマラヤ山脈の4千メートル以上の高山地帯に咲く、幻の花です。

その透きとおった神秘的な青は、ヒマラヤンブルーと呼ばれています。

私が出会ったのは5月中旬、東京都薬用植物園で。

温度管理された部屋に入っていました。だから、写真はガラス越し。

外に出すと、暑くて死んでしまうのです。

画家の堀文子さんが、青いケシを絵に描いています。

80歳を過ぎて、ヒマラヤまで自分の足で登って、青いケシを見に行き、絵に描かれました。

その力強いエネルギー、見習いたいなあって思いました。

堀さんが描かれた青いケシはもうこの世にいませんが、絵という中で永遠に生き続けるのでしょう。

一つの花の出会いも、一期一会。人との出会いも、一期一会。

どんな出会いも、心に刻みつけて、生きたいきたいですね。

★出会った花…青いケシ(ブルー・ポピー)。5月中旬の東京都薬用植物園にて。かなり先ですが、ぜひ会いに行ってみてください。ヒマラヤまで見に行きたいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

バラは女で、女はバラで

Srimg0317

消え入りそうな青いケシ。

空の色のように吸い込まれていきそうです。

涙はもう隠してしまいましょう。

元気を出したいときはやっぱり赤い花。

血が飛び散ったみたいなバラは情熱を取りもどしてくれます。

“女であること”の幸せをかみしめながら生きてゆく道をレッドローズは誘います。

バラは女で、女はバラで。

花びらが真っ赤に染まるまで、女でありましょう。Srimg0211

| | コメント (0) | トラックバック (0)