Message メッセージ

2017年1月17日 (火)

2017年あけまして、おめでとうございます。

20170101_125325_r

2017 新年あけまして、おめでとうございます。

今年こそ、きもの生活を復活しようと、初詣、着ていきました。

白の大島紬に、ツバキのちりめん名古屋帯。帯揚げは白の絞り、小さな緑の点が散っています。その緑は芽吹きに見立て、帯揚げは清めの水を意識して縹色(はなだいろ シックな青)

このお正月、着物のコーディネートをいろいろしてみました。

色の組み合わせで早春の草花をイメージさせたり、同じ着物と帯を帯締め1本で粋に、はんなりに…。

「日本女性に生まれてよかった」と心から思う、幸せなひととき。

月に何度も着物を着てた(雨が降っても着てた頃が懐かしい)、そんな生活は今難しいけど、時には着物でお出かけしようと決めたお正月でした。

今年も、すばらしい大樹と、美しい花と、素敵な人たちと、絆を結ぶ一年にしたいと願う、年の始まりです。

Fullsizerender_r










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

2016.6.9幻冬舎plusで毎日配信!今日のあなたを励ます「北欧神話」の言葉

Img_4574893260a08a4d19bdd5c32f47dfb

★刊行を記念して、あなたへのメッセージを配信していますheart04

幻冬舎ホームページ<幻冬舎plus>をご覧くださいhappy02

毎日、配信中!「今日のあなたを励ます言葉」 
http://www.gentosha.jp/category/jibunoshinjiru 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

新刊「自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉」をあなたに

Hokuo_0511_01_r_2

この本は、人間の善意を信じて生きてきた人にこそ、本書を読んでいただきたいと思います。

和を尊び、自分よりも人の立場に立って物事を考える人、思いやりの心をもった優しい人。

しかし、人を信じたゆえに悲しい思いもたくさんしてきたあなたに、神々は語りかけています。

もうそろそろ、自分の思うがままに人生を歩いてもいいのではないですか、と。

自分自身の人生を歩こうと決めたあなたに、本書を捧げます。


幻冬舎より6月9日出版
『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉」』

※書店の自己啓発コーナー、アマゾンでご購入できます。

https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B-%E8%B6%85%E8%A8%B3%E3%80%8C%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89-%E6%9D%89%E5%8E%9F-%E6%A2%A8%E6%B1%9F%E5%AD%90/dp/4344029585/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1465657621&sr=8-1&keywords=%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月18日 (月)

2016明けましておめでとうございます!

Sricho10882_282_3

新年あけましておめでとうございます!

2016年がスタートしました。

あなたの心の中にある、世界にひとつだけの花、

1年をかけて、どんな色に染めますか?

Gott nytt ar!

Sricho10882_280
Atomic Bombed Trees in Hiroshima.
被爆樹-広島平和記念公園の白いキョウチクトウ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月30日 (水)

2015年にありがとう

Simg_7474rieko_sugihara20150204

2015年は私にとって、かけがえのない一年になりました。

ご縁をつないでくださった、すべての人にありがとう。

HIROSHIMAに生きる人たち、ありがとう。

出会ったすべての木にありがとう。

見上げることのできる、この体にありがとう。

Gott Nytt  År!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

被爆樹巡礼 A-Bombed Trees in Hiroshima

Simg_5049_2

被爆樹(A-bombed tree)のことを知っていますか?

194586日、朝815分。広島に原爆が落とされ、一瞬にして多くの生命が奪われました。

被爆した土地には「75年間、草木も生えない」と言われました。だから、焼け焦げた木々から芽が吹き返したとき、人々はその姿に勇気づけられ、未来への希望を重ね合わせました。

約2キロで被爆し、再び芽吹いた木々を広島市は「被爆樹」として登録しています。この原爆から蘇った
一樹一樹、紹介するページを始めました。ぜひご覧ください。

「被爆樹巡礼」
http://rieko-sugihara.com/photo_essay/b_tree/



戦後70年の今年、日本の被爆樹のことを世界中の人々に伝えたい。

木々は“生き証人”として、存在し続けると思います。もしかすると、今、ここに生きている私たちが全員、この世を去った後も、被爆樹たちは語り継いでくれるかもしれません。悲しみ、苦しみ、どんな状況からでも、人は再生できることを。

あなたの子供たちや、そのまた子供たちの時代にも。

現在、被爆樹の苗木が育てられ、“被爆樹二世”として、日本全国の学校や施設、世界各地で育てられています。

木々に会いに行って、見上げください


木々はあなたに語りかけるでしょう。あの夏の日と、70年間の再生の記憶を。

Do you knowA-Bombed Trees?  
At 8:15 a.m, August 6,1945,Hiroshima was burned by the blazing heat of the atomic bomb. It had been rumored thatnothing will grow in Hiroshima for 75 years, so when people saw new buds sprouting,they were encouraged and were able to have hope for their future. These trees were burned by the atomic bomb within about two kilometers from the hypocenter but survived and aprouted new leaves. These trees have been registered as A-bombed trees by the City of Hiroshima. I introduce A-bombed trees in the internet-sight.
This year Postwar 70. I want to tell many people of the world about A-bombed trees in Japan.
It will be that trees continue existing as "living witness". In the times of your children,and your childrens children and …….The young plants of A-bombed trees is growing up in many schools and the facilities in Japan and the world countries. 
Please visit and look up these trees. A-bombed
trees tell you their memorial of that summer day, and 70 years of regeneration that have passed since.

S37800040

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

ひとりの時間、ふたりの時間

Simg_0101_2

静かに、静かに、時を過ごしてゆくこと。

いちばん私の「心」が望んでいること。

誰か、別のひとのことを考えないで、過ごすこと。

この何年間か、いつも、“誰か”の思いを想定しながら物事を考えていた。

ずっと、私の心が、誰かの心みたいに、私の心じゃなかった。

ひとが普通に生活を送っていたら、自分以外の誰かのことが常に心にあるのは当たり前だけど、影響を受けすぎていたような気がする。

待ってた、

誰かを、

何かを。

待って、待って、待って、何を待っていたの? 

誰も、私がほしいものを持ってきてくれる人はいないのに。

本当に今、大切なのは、誰かに働きかけることではなく、

自分の心に向き合うこと。

自分のカラダの声に耳を傾けること。

そうして、本当に大切なことだけを、心の奥底からとり出したい。

心の中にたくさんの引き出しがあって、すぐ手が伸ばせる場所にある引き出しもあれば、

ちょっと開けづらいところに引っ込んでしまった引き出しもある。

ずっと、奥深くにしまっていたけど、じつはいちばん目の前に出して、

いつも見えるところに置いておきたいことが入っている、

引き出し。開けよう。

この間、たくさんの人と巨樹を見に行ったとき、くるしくなってしまったの。

そして、気づいた。

私、たったひとりで「樹」と会いたいんだ。

昔みたいに、ひとりぼっちで夢中で巡っていたみたいに。

誰ともおしゃべりしないで、気にいったら、何時間でもその樹のそばに座っていたみたいに。

Simg_9323_2

“一樹のいのち”と“わたしのいのち”がつながり合う、

そんな時間をもう一度、味わいたいんだ。

こうして私は度々、ひとりになりたがって、孤独に陥っていくのだけど、

今は大切な人がそばにいてくれるから

一人の時間を過ごしてもこわくない。

たくさんのお友だちはいないけど、愛しい人がそばにいてくれるから、だいじょうぶ。

誰かがそばにいてくれるからこそ、“独り”になれることってあるんだなあ。

Simg_7544_2

もうすぐ、桜が咲きますねconfident(石割桜 in Gunma)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

2015.2.15竹原のお抱え地蔵さま

Simg_9930

願い事を胸に祈りながら、お地蔵さまを抱えると、お願いごとを叶えてくれるというお地蔵さま。

Simg_9933

石段を少し上がったところにあります。行列ができていました!

Simg_9932

石段の途中にも、小さな鬼がわら、ちびお地蔵さまがぽつんぽつんといらっしゃいましたよhappy01

Simg_9927

お願いごと、きっと叶いますheart04

Simg_9929

かわいい、かわいいお地蔵さまですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

なにかがかわるとき

Simg_4788

しずかに、しずかに・・・・・・。

心がかわっていく。

そんな感じ、今。

やっと。

ながい、ながい歳月を

他人の目のなかで生きてきた

そんな感じ、だった。



わたしの目で、「木」を見つめたい。

これからの人生はずっと。

あかるくないといけないとか

前向きなことばじゃないといけないとか

思いすぎていた、かな。


わたしが

「木」に惹かれたのは

「木」がだいじだったのは

ひとりぼっち

だったから。

「木」だけが、あたたかかった。

寄り添っていたら、

からだがぽかぽかしてきて

心臓がどくんどくんいって

こころのいのちが、生きかえった。

だから・・・・・・。


だれにでも、孤独のじかんはあって、

わたしは、

「木のそばにいたら、元気が出てくるよ」って

伝えたかっただけなのに。

なんだか、遠い、遠い、

場所まで、きてしまっていた。

原点にもどろう。

「木」と「わたし」とふたりきりだった

あのころのきもちに。

Srimg1047_2












| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

2015あけましておめでとうございます!

Simg_8894

2015
年 あけまして、おめでとうございますhappy01

今年も日本全国「聖樹巡礼」に出かけて、すばらしい樹木と出会う感動、喜びを伝えていきます。時には、樹木が語ってくれたことなども……。

皆さまの“会ってみたい”気持ちをそそる、凄い巨樹、素敵なご神木をお届けします。心に響くTREESを見つけてください。
まずはこのご神木から。


☆聖樹巡礼2015-1
吉備津神社のイチョウ 
所在地:広島県福山市新市宮内 
    備後一宮吉備津神社 
樹齢:約300年 樹高:22m 幹周り:6m
2015年1月3日撮影)

Simg_8884

2015年初めて出会った巨樹はイチョウ。「いっきゅうさん」こと、備後一宮・吉備津神社のご神木。推定樹齢約300年。幾本もの小枝が枝垂れていて、美しい枝ぶりです。

イチョウの横には屋台が並んでいて、たこ焼きほおばりましたheart04

Simg_9021

お参りの後、名残惜しくてもう一度近くでじっくり観察。枝の先にはぷっくりとふくらんだ冬芽から、小さな小さな緑色の芽が顔をのぞかせていました!

元旦からしんしんと降り積もった雪が消えて、ぽかぽか陽気の3日、春を待ち望んでいるようなイチョウでしたconfident

皆さまの2015年がすばらしい出会いの連続でありますように。

1つ新しいことと出会うと自分が変わる。変わらない自分がいたら、それもいい。内なる魂の声に気づくことができるはずです。

あなた自身をいっぱい愛する一年を送ってくださいheart02

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧