Message メッセージ

2018年12月 4日 (火)

2018.12.18ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第18回クリスマスローズ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

12月は「クリスマスローズ」についてお話しします。

ちょうど今、12月から3月頃まで咲く「クリスマスローズ」。花びらがとても薄くて、透き通るような白や紫色が神秘的な花ですね。この花のシンボルは「慈悲」。アダムとイブの物語がシンボルの由来です。クリスマスローズは、天国の庭園で最初に咲いた花と言われているんですよ・・・。続きはラジオでどうぞ。


◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第17回 2018年12月20日(火)放送予定(放送後に動画ラジオを公開します)

★クリスマスローズ(キンポウゲ科・常緑多年草)
学名:Helleborus niger
シンボル:慈悲、純粋、救済
裏シンボル:死、中傷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

2018.12.1【報告】吉見の森のおはなし会「古代ケルト 聖なる樹の教え2~闇の半年のために」

Img_1043_r_2
ケルトのシンボル「うずまき」を象徴する本をご紹介。


【ケルト・セミナーの報告】

こんにちは。今日は121日(土)に開催したランチ付セミナーの報告をします。埼玉県吉見町のカフェ「ストロベリー・フィールズ」のKaoruさんとのコラボ企画で、今春からスタートしたばかり。年2回行うケルトのおはなし&ケルトランチの会です。

吉見の森のおはなし会 2
「古代ケルト 聖なる樹の教え
~闇の半年のために」
杉原梨江子(文筆家)×中村薫(料理探究人)
日時:121日(土)10時~14時30分
場所:ストロベリーフィールズ(埼玉県比企郡吉見町) 
参加費:6800円(ランチ代含む)
■参加者:6名様
主催:カフェ「ストロベリー・フィールズ」

Img_1078_r_5
ケルトの聖なる果実・リンゴのパイとうずまきクッキー


万物に精霊が宿ると考えていた古代ケルトの人々に思いを寄せながら・・・。移りゆく黄葉が美しい森のそばにあるカフェで、私たちは自然ともに生きていることを実感する1日でした。

聖なる樹、果実、動物たち、アロマetc. 寒く厳しい冬となる「闇の半年」を元気に楽しく過ごすためのヒントをちりばめましたよ。「闇の半年」とは、111日から始まるケルトの新年から、夏至を迎える前、430日までの期間をさします。光の半年は51日から1030日まで。

古代ケルトの人たちは、「太陽は朝昇り、夕べに沈む」とは考えませんでした。沈んだ太陽は夜明けになると「闇」から出てきて、再び生き返り、明るく輝き始めるのです。闇から光へ、夜から朝へ、秋冬から春夏へ、死から再生へと、自然界を、対極をなす現象を繰り返すものとしてとらえていました。無限に続く流れの中で、再生が起こる直前の暗闇こそ、新たな始まりの時、と考えていたのです。そして、そのことを象徴する「うずまき」についても勉強しました。ケルト遺跡の渦巻文様、『ケルズの書』etc.

【今回のキーワード】うずまき

Img_1065_r
Img_1064_rImg_1058_r
「わたしのうずまき」の形は?クッキーに描いてみました。

【ハロウィンのホント】
10月の終わり、今年もかなり盛り上がっていたハロウィン、じつはケルトの風習だったと知っていますか?ケルトの新年111日の前日、1031日は異界と現世の境界があやうくなる時。異界から妖精、妖怪、魔女、死者などがこの世に現れてくると信じられていました。かぼちゃのランタン、仮装してお菓子を配る習慣などはケルトの人たちが行っていた風習の名残りなのです。

Img_1049_r
ハロウィンのかぼちゃ、じつは「かぶ」だったって、知っていました?happy02 ランチタイムのスープ。

【ケルトの木の暦】
誰もが1本の木を抱いて生まれてくる・・・。あなたのシンボルツリーからのメッセージをお伝えしました。今回の参加者は、ブドウ、ナナカマド、クリ、サンザシ、イトスギ3名様


【ケルト・ランチ&デザート】
古代ケルトの聖なる魚、野菜、果実をいただきました。

Img_1053_r
知恵の王者・サーモンソテー、知恵の実ハシバミ風味 緑のソース

Img_1046_r
ケルトの聖なる果実ハシバミのパン

Img_1070_r
聖なる愛のリンゴ・パイとサンザシ・ティー&うずまきクッキー(上写真)。

Img_1042_r

この世のすべての存在が聖なるいのち、魂。そして、あなた自身も聖なる存在です。

来年も「ケルト」をテーマに吉見の森でおはなし会を行います。光の半年が始まる4月と、闇の半年が始まる10月か11月を予定しています。詳しいことが決まったらお知らせしますので、どうぞお出かけくださいheart04

Img_1039_r
Img_1038_r
木の香りのするカフェで行いました。

ケルト・セミナーのパートナーは、カフェ「ストロベリー・フィールズ」の料理探究人 Kaoruさん。今回もケルトのインスピレーションで、おいしくて、神秘的で、素敵な料理をありがとうございましたhappy01

Img_1037_r_2

杉原梨江子著『古代ケルト 聖なる樹の教え』(実業之日本社刊)
【くわしくはこちらかどうぞ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

2018年8月末まで 展示「原爆を生きのびた木、咲いた花」in 日比谷図書文化館

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料
内容
194510月、アサガオの花が咲いた
・被爆後の植物の状態、斑入りのフジバカマ
・「原爆の絵」と木
・被爆者が語る木
・絵本『おこりじぞう』最後の1枚 etc.

Img_0320_r

Img_0327_r
併設展示
「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」
同館で85日に開催された、講演会に関連する書籍を展示。息子、光さんのお話と、女優・木内みどりさんによる絵本『おこりじぞう』朗読。こちらの展示も合わせて、ご覧ください

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.8.6『絵本おこりじぞう』最後の1枚に描かれた白い花

2018dsc022342_r_2

詩画人・四國五郎さんの『絵本おこりじぞう』

最後の1枚に白い花が描かれています。

四國さんはどんな思いでこの1枚を描かれたのでしょうか。

息子・光さんと、絵本を企画した当時の担当編集者、斎藤雅一さん(金の星社会長)からのメッセージをパネル展示しました。

被爆樹木の写真と合わせて、どうぞご覧ください。

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料

併設展示「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」

 

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日8時15分、原爆が落とされた日

Richo10882_078honoo

2018年8月6日8時15分。

73年前、被爆した叔父は90歳になりました。ガンと闘いながら、被爆証言を続けています。

原爆を直接知らない世代がしっかりと被爆者の声を聴き、伝えていくこと。

「核」を使うことを決して許さないこと。

戦争へ向かおうとする人々、世論を許さない、と言い続けること。

それは勇気のいることですが続けていきます。

人間が残酷に焼き尽くされた大地で、再び芽吹いた木のいのちを通して。

Img_2988_r_2
広島平和大通り、白神社前のムクノキ。爆心地からの距離530メートル



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

ささやかな一瞬が人生の宝物になる 2018.4.1

20170617_160159_r

一日の中で、いちばん豊かな時間はいつだったでしょうか。いちばん笑顔になれたのはどんなときだったでしょうか。この一週間のなかで、かけがえのない瞬間はだれにでもきっとありました。

わたしはこの間の日曜日を思い出します。薫さんの家でセミナーの打ち合わせをしていたときのことです。チュッチュ、チュッチュと小鳥の鳴き声が聞こえてきました。高く響く声はどんどん大きくなっていきます。

「あ、小鳥がヒナにエサをやっているんだわ。小鳥の巣が見えない?」

薫さんの家の前は小さな森のようになっていて、芽吹いたばかりの木々が空いっぱいに広がっています。その一本に小鳥の巣をかけたそうです。すると小鳥がやってきて巣をつくり、子育ての真っ最中。

チュッチュ、チュッチュッ、ピピピピ。

薫さんと耳を澄まして、しばらく小鳥の声を聞いていました。春の日差しが射し込む部屋でふたり、静かに、静かに。緑は透きとおって輝き、通り抜けていく風は芽吹きのエネルギーに満ちていました。

春の時間。大切な友だちと小鳥の声に耳を澄ますひととき。目にはまぶしい緑の光。このときの風景をわたしは一生忘れることはないでしょう。

ささやかな一瞬が人生の宝物になる、そんなことを思った一日でした。

今がどんなにつらい状況でも、抱えている問題で不安な夜を過ごしていても、自分の心をちょっと明るくする瞬間が、誰にでもきっとあると思います。

一日の中で、一週間の中で、心にポッと灯がともった瞬間を思い出してみてください。思い悩む人の行く道にも、ひと筋の光が差し始めると、わたしは信じています。

20170617_093101_r
薫さんの家の近く、一本道。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

2018.2.13ラジオ出演ブックアンソロジー第8回チューリップ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

2月は「チューリップ」についてお話ししました。

咲いた、咲いた、チューリップ。

昔、イギリスでは「妖精のゆりかご」と呼ばれていたんですよheart04

おやゆび姫を見た人、本当にいたのかも!?と信じたくなる素敵な物語をお聴きください。


番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第7回 2018年2月13日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=bcxMNSYZw54



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

書の作品2007

過去の作品を並べてみた。

<2007年>
書いていて、とにかく楽しかった「金文(きんぶん)」。

饒舌な文字たち。文字の1つ1つが動き出し、私に話しかけてくるようだった。文字に生命が宿っているように見えませんか?

◎臨書「金文」
殷代から周代にかけて青銅器に刻まれた文字。金文は甲骨文字の次の時代にあたる文字である。

※第6回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=482799308543342

2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書の作品2008

過去の作品。

<2008年>
甲骨文や金文、石鼓文など、骨や青銅器、石などに刻まれた中国初期の文字の稽古を終えて、書家の臨書へと移っていった最初の作品。

◎臨書「急就章」宋克
◎作者:宋克(1327-1387)
明代の書家。書法は草章。彼の代表作がこの「急就章」である。

※第7回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=482800365209903

2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書の作品2009

過去の作品。

<2009年>
この年、中国の西安碑林展に出品したことを思い出します。中国・西安で行われた展覧会には、師の青木宏之先生、吉田先生、塾生みなさんと行き、西安碑林博物館の見学などを楽しみました。残念ながら、写真は撮影していないのですが、北魏の楷書を書きました。自分でもあのエネルギッシュな書はよかったと思います。

※西安碑林展の様子
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=241736099316332

さて、ここに紹介するのは、日本に戻り、書いた一作。

◎臨書「玄秘塔碑」柳公権
◎作者:柳公権(778ー865)
中国・唐代後期の政治家、書家。端正で骨ばった独自の書体を完成。「用筆は心にあり。心正しければ筆正し」という名言を残した。

※第8回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=487354378087835



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧