Message メッセージ

2018年8月 6日 (月)

2018年8月末まで 展示「原爆を生きのびた木、咲いた花」in 日比谷図書文化館

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料
内容
194510月、アサガオの花が咲いた
・被爆後の植物の状態、斑入りのフジバカマ
・「原爆の絵」と木
・被爆者が語る木
・絵本『おこりじぞう』最後の1枚 etc.

Img_0320_r

Img_0327_r
併設展示
「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」
同館で85日に開催された、講演会に関連する書籍を展示。息子、光さんのお話と、女優・木内みどりさんによる絵本『おこりじぞう』朗読。こちらの展示も合わせて、ご覧ください

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.8.6『絵本おこりじぞう』最後の1枚に描かれた白い花

2018dsc022342_r_2

詩画人・四國五郎さんの『絵本おこりじぞう』

最後の1枚に白い花が描かれています。

四國さんはどんな思いでこの1枚を描かれたのでしょうか。

息子・光さんと、絵本を企画した当時の担当編集者、斎藤雅一さん(金の星社会長)からのメッセージをパネル展示しました。

被爆樹木の写真と合わせて、どうぞご覧ください。

「原爆を伝える2018-原爆を生きのびた木、咲いた花」
▼会期:717日(火)~831日(木)
▼場所:千代田区立日比谷図書文化館 3階図書フロア
(千代田区日比谷公園1-4(最寄り駅:霞が関、内幸町)
▼写真・解説:杉原梨江子
▼無料

併設展示「詩画人・四國五郎が伝えたかったこと」

 

 




| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月6日8時15分、原爆が落とされた日

Richo10882_078honoo

2018年8月6日8時15分。

73年前、被爆した叔父は90歳になりました。ガンと闘いながら、被爆証言を続けています。

原爆を直接知らない世代がしっかりと被爆者の声を聴き、伝えていくこと。

「核」を使うことを決して許さないこと。

戦争へ向かおうとする人々、世論を許さない、と言い続けること。

それは勇気のいることですが続けていきます。

人間が残酷に焼き尽くされた大地で、再び芽吹いた木のいのちを通して。

Img_2988_r_2
広島平和大通り、白神社前のムクノキ。爆心地からの距離530メートル



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

ささやかな一瞬が人生の宝物になる 2018.4.1

20170617_160159_r

一日の中で、いちばん豊かな時間はいつだったでしょうか。いちばん笑顔になれたのはどんなときだったでしょうか。この一週間のなかで、かけがえのない瞬間はだれにでもきっとありました。

わたしはこの間の日曜日を思い出します。薫さんの家でセミナーの打ち合わせをしていたときのことです。チュッチュ、チュッチュと小鳥の鳴き声が聞こえてきました。高く響く声はどんどん大きくなっていきます。

「あ、小鳥がヒナにエサをやっているんだわ。小鳥の巣が見えない?」

薫さんの家の前は小さな森のようになっていて、芽吹いたばかりの木々が空いっぱいに広がっています。その一本に小鳥の巣をかけたそうです。すると小鳥がやってきて巣をつくり、子育ての真っ最中。

チュッチュ、チュッチュッ、ピピピピ。

薫さんと耳を澄まして、しばらく小鳥の声を聞いていました。春の日差しが射し込む部屋でふたり、静かに、静かに。緑は透きとおって輝き、通り抜けていく風は芽吹きのエネルギーに満ちていました。

春の時間。大切な友だちと小鳥の声に耳を澄ますひととき。目にはまぶしい緑の光。このときの風景をわたしは一生忘れることはないでしょう。

ささやかな一瞬が人生の宝物になる、そんなことを思った一日でした。

今がどんなにつらい状況でも、抱えている問題で不安な夜を過ごしていても、自分の心をちょっと明るくする瞬間が、誰にでもきっとあると思います。

一日の中で、一週間の中で、心にポッと灯がともった瞬間を思い出してみてください。思い悩む人の行く道にも、ひと筋の光が差し始めると、わたしは信じています。

20170617_093101_r
薫さんの家の近く、一本道。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

2018.2.13ラジオ出演ブックアンソロジー第8回チューリップ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

2月は「チューリップ」についてお話ししました。

咲いた、咲いた、チューリップ。

昔、イギリスでは「妖精のゆりかご」と呼ばれていたんですよheart04

おやゆび姫を見た人、本当にいたのかも!?と信じたくなる素敵な物語をお聴きください。


番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第7回 2018年2月13日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=bcxMNSYZw54



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月26日 (金)

書の作品2007

過去の作品を並べてみた。

<2007年>
書いていて、とにかく楽しかった「金文(きんぶん)」。

饒舌な文字たち。文字の1つ1つが動き出し、私に話しかけてくるようだった。文字に生命が宿っているように見えませんか?

◎臨書「金文」
殷代から周代にかけて青銅器に刻まれた文字。金文は甲骨文字の次の時代にあたる文字である。

※第6回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=482799308543342

2007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書の作品2008

過去の作品。

<2008年>
甲骨文や金文、石鼓文など、骨や青銅器、石などに刻まれた中国初期の文字の稽古を終えて、書家の臨書へと移っていった最初の作品。

◎臨書「急就章」宋克
◎作者:宋克(1327-1387)
明代の書家。書法は草章。彼の代表作がこの「急就章」である。

※第7回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=482800365209903

2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書の作品2009

過去の作品。

<2009年>
この年、中国の西安碑林展に出品したことを思い出します。中国・西安で行われた展覧会には、師の青木宏之先生、吉田先生、塾生みなさんと行き、西安碑林博物館の見学などを楽しみました。残念ながら、写真は撮影していないのですが、北魏の楷書を書きました。自分でもあのエネルギッシュな書はよかったと思います。

※西安碑林展の様子
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=241736099316332

さて、ここに紹介するのは、日本に戻り、書いた一作。

◎臨書「玄秘塔碑」柳公権
◎作者:柳公権(778ー865)
中国・唐代後期の政治家、書家。端正で骨ばった独自の書体を完成。「用筆は心にあり。心正しければ筆正し」という名言を残した。

※第8回天真書法塾発表会
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=487354378087835



| | コメント (0) | トラックバック (0)

書の作品2017

2017年12月に仕上げた作品。

◎臨書「煙江疊嶂詩」趙孟頫
◎作者:趙孟頫(1254―1322)

中国、元代の政治家、書家である趙孟頫(ちょうもうふ)の行書。彼は浙江省蘇州生まれ、徹底的に王羲之に習い、復古主義に徹した。「蘭亭敘」の臨書、数百本と伝えられる。各書体に優れ、進士(科挙の科目)の試験答案用の文字は欧陽詢型から趙孟頫型に移っていったほどだという。方筆、独特の跳ね、堂々たる姿などが特徴だ。

※第16回天真書法塾 発表会
2018年1月19日(金)〜21日(日)
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=973166539506614

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20180119-21書の復活、8年ぶりの書の発表会

書の稽古、8年ぶりに復活して、初めての発表会でした。私が書いたのは、元代の政治家・書家の趙孟頫(ちょうもうふ1254-1322)の行書。悪戦苦闘の日々。ありがとうございました。人生の楽しみが1つ増えました♪

天真書法塾 第16回発表会
2018年1月19日(金)〜21日(日)
https://www.facebook.com/pg/tenshinkai.jp/photos/?tab=album&album_id=973166539506614

◎臨書「煙江疊嶂詩」趙孟頫
◎作者:趙孟頫(1254―1322)

中国、元代の政治家、書家である趙孟頫の行書。彼は浙江省蘇州生まれ、徹底的に王羲之に習い、復古主義に徹した。「蘭亭敘」の臨書、数百本と伝えられる。各書体に優れ、進士(科挙の科目)の試験答案用の文字は欧陽詢型から趙孟頫型に移っていったほどだという。方筆、独特の跳ね、堂々たる姿などが特徴だ。

私が学ぶ、師・青木宏之先生の天真書法塾は、中国の書の歴史を順に追って書いていきます。文字の歴史をたどっていくことにもなり、非常に勉強になります。

古代中国の甲骨文から始まり、金文(きんぶん)、石鼓文(せっこぶん)、篆書(泰山刻石)、隷書(石門こう、礼器碑、曹全碑、張遷碑)、木竹簡。

宋克の章草「急就章」のあと、楷書の学びへと進みます。鄭道昭の鄭義下碑、虞世南の孔子廟同碑、柳公権の玄秘塔碑。

そして、今回書いた趙孟頫の楷行書「煙江畳嶂碑」の臨書です。

「臨書(りんしょ)」とは、そっくりそのまま書くことです。

文字の形、線と線の空間、配置など。文字と文字との間もそっくりに真似することで、書家の呼吸、リズムまで受けとめていこう、身につけようと試みるのです。

今回、私は趙孟頫さんという、約700年前の人の書をお手本にして、学ばせていただきました。

朝、趙孟頫先生にご挨拶して、書き続けた日々。

8年のブランクは苦しい苦しい時間でしたが、再開して本当によかったconfident

書と格闘しながら、墨、紙の選び方も学んだ数カ月。墨の匂いが好きだったこと、紙の手触りも。墨色を比べることも。紙と書の相性を調べることの楽しさも。私は墨の世界がこんなに好きだったんだ・・・とあらためて気づいた日々でした。

今は、趙孟頫の楷書「玄妙観修三門記」で学んでいるところです。

これから、顔真卿、王羲之、米ふつなど書道史上の名だたる達人たちの臨書も待ちかまえています。

書をうまくなるには体力も必要。マラソン、始めるかhappy02


Img_7152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧