News ニュース

2018年9月27日 (木)

2018『いちばんわかりやすい北欧神話』重版が決定しました

9784408109732_2


【重版のお知らせ】

2013年に出版した『いちばんわかりやすい北欧神話』の重版が決まりました。4刷です。手に取ってくださった皆さま、ありがとうございます。アマゾンkindor版で神話部門1位をいただいています。

「北欧神話」はスウェーデン、ノルウェ、デンマークで語り継がれてきた神話。天地創造から最終戦争、世界滅亡までが描かれる壮大な物語です。神々はいたって人間臭く、オーディンやトール、ロキなど、キャラクターのおもしろさからゲームや漫画のネタに使われていることで有名です。最近では漫画『進撃の巨人』『ワンピース』、トールキンの『指輪物語』、古くはワーグナーのオペラ『ニーベルングの指環』まで、様々なエンターテインメントになっています。

で、ここからが本題。この神話は<神々VS巨人>という戦いの構図が注目されがちですが、私は北欧神話は「自然への畏怖の念」が根底にあると考えています。終末に向かう場面では、地震、津波、ひょう、大嵐、山の崩壊など自然災害が続き、約2000年前から伝わる神話とは思えないほど現代にも通じます。

敵対する巨人とは、氷、ひょう、嵐、炎などを擬人化した存在です。最終戦争ラグナロクで神々はみな、巨人に殺されますが、これは「自然の猛威には人間は勝てない」ことを表しているように思います。神様が死ぬ?万物を創造した神が負けちゃうの?と不思議に思うかもしれませんが、他の多くの神話と違って、「北欧神話」の神々は万能でも不死でもありません。やがて訪れる終末に恐れ、おびえ、右往左往して、最終戦争を避けようとあらゆる努力をします。神様たちの行動が人間界に悲劇をもたらすのですが・・・。

神々と敵対する「巨人」たちが、愛と豊穣の女神フレイヤを妻にしようと奪うシーンが度々出てきます。春の象徴でもあるフレイヤを奪うことは、寒い冬がいつまでも続くことを意味しているように思います。(豆知識:ノルウェーのオスロに「フレイヤ」という名のおいしいチョコレート屋さんがある)。

最終戦争で、巨人スルトが投げつけた炎の剣で大地は焼き尽くされ、世界は滅亡しますが、この巨人は火の擬人化です。(豆知識:アイスランドの世界遺産、スルツェイ島はこの炎の神の名前が由来)

「人間」に目をやると、私は心がふるえます。木とともに<命の再生>を象徴するようなエピソードが数多くあるからです。

んと、人間は「木」から創られます!オーディン3兄弟が流木を拾って彫るのです。男はトネリコから、女はニレから(豆知識:女性がニレから誕生するエピソードはアイヌ神話にもある)。この男女が子孫を増やし、今に伝わる英雄伝説の主人公シグルズ(独名ジークフリード)などを生み出します。

最終戦争では人間もみな滅びますが、生き残っているんですね、しっかりと。木のウロの中で、朝露を舐めて生きのびた男女が人間の新たな始祖になった、と神話は語っています。男の名前は「リーブ(生命)」、女の名前は「レイブスラシル(生命を継承する者)」。この名前もまた命の再生を感じさせるものです。

して、最も重要なのは、天と地とを支える大きな木、宇宙樹ユグドラシルです。樹種はトネリコまたイチイとされ、樹冠は天に達し、根は地獄の泉まで伸びています。北欧神話の世界観を成す存在であり、この木の周りで、神々と巨人との戦い、人間たちの物語は繰り広げられます。(豆知識:宇宙樹は世界樹とも呼ばれ、1本の中心軸(中心柱)が世界を支えるという樹木崇拝の考え方。インドの菩提樹、エジプトのイチジク、聖書の生命の樹など、世界各地に同様の存在がある。日本では『古事記』の国造り神話に登場する天の御柱、伊勢神宮の心の御柱、諏訪大社の御柱などがそれにあたるでしょう・・・この話を始めると尽きないのでここでやめておきます)。

「北欧神話」はとにかくおもしろい。日本人には遠い神話と思われるかもしれませんが、私たちはほとんど毎日、北欧の神様と出会っています。火曜日Tuesdayは戦いの神テュールの日、水曜日Wednesdayは主神オーディンの日、木曜日Thursdayは雷神トールの日、金曜日Fridayは女神フレイヤの日。ね、じつは身近にいるでしょう?

人生を楽しく生きる知恵もつまっています。北欧の国々が「世界幸福度ランキング」の上位を占める理由がわかってきます(2018年、日本は54位)。こちらは主神オーディンの格言を集めた『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)をご一読くださいな

伝えたいことが次々出てくる「北欧神話」。次はどんなアプローチでいこうか、考えているところです。


『いちばんわかりやすい北欧神話』杉原梨江子著(実業之日本社刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

8月6日8時15分、原爆が落とされた日

Richo10882_078honoo

2018年8月6日8時15分。

73年前、被爆した叔父は90歳になりました。ガンと闘いながら、被爆証言を続けています。

原爆を直接知らない世代がしっかりと被爆者の声を聴き、伝えていくこと。

「核」を使うことを決して許さないこと。

戦争へ向かおうとする人々、世論を許さない、と言い続けること。

それは勇気のいることですが続けていきます。

人間が残酷に焼き尽くされた大地で、再び芽吹いた木のいのちを通して。

Img_2988_r_2
広島平和大通り、白神社前のムクノキ。爆心地からの距離530メートル



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

2018.8.21ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第14回ヒマワリ

Img_5164_2_r


【ラジオ出演のお知らせ】


月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

8月は「ヒマワリ」についてお話しします。

シンボルは「太陽」。

あざやかな黄色が目にまぶしいヒマワリは、まさに夏のシンボルですね。

この花を愛した画家ヴァン・ゴッホについてお話しします。有名な「ヒマワリ」の絵をご覧になったことはありますか。世界で7枚残るうちの1枚が東京の「東郷青児記念 損保ジャパン日本東亜美術館」で見られますよね。

ゴッホは花の黄色を出すことに情熱を燃やしたといわれています・・・。続きはラジオでどうぞ。

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第12回 2018年8月21日(火)放送

★ヒマワリ(キク科・1年草)
学名:Helianthus annuus
シンボル:太陽、情熱、誠実な愛
裏シンボル:偽りの富、高慢

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

2018.7.31ニュース「被爆樹木の保存、国が補助」

Img_8223_r

今日、「被爆木樹」に関する嬉しいニュースがありました。広島・長崎の被爆樹木の保存、国が補助することを検討、8月6日、安倍首相が広島で表明する予定と共同通信から配信されました。

被爆樹木のことを多くの人に知っていただく機会になるのではと期待しています。


詳細:中国新聞7月31日付
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=85017

★写真:広島市登録の被爆樹木「善正寺のサルスベリ」

Img_8208_r



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月16日 (月)

2018.7.16ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第13回ユリ



【ラジオ出演のお知らせ】


月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

7月は「ユリ」についてお話しします。

シンボルは「純潔」。

ギリシャ神話からユリ誕生のヒミツをお話ししましょう。じつは、「天の川」の始まりにも関わる伝説なんですよ。それは・・・heart04

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第12回 2018年7月16日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=ej84ZQ_mzLo

★ユリ(ユリ科・多年草)
学名:Lilium
シンボル:純潔
裏シンボル:嫉妬

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

2018.6.19FMラジオ出演ブック・アンソロジー第12回ヤグルマギク

Img_7569_r2

【ラジオ出演のお知らせ】


月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

6月は「ヤグルマギク」についてお話しします。

シンボルは「永遠の愛」。

1922年に、ツタンカーメンの墓が発見されたとき、彼の胸元に置かれた小さな花輪の中に、ヤグルマギクの花も入っていました。しかも、その花びらには、かすかに青色が残ていた、と伝えられています。18歳でこの世を去った若きファラオを王妃さまとのエピソードをお楽しみくださいheart04

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第12回 2018年6月19日(火)放送
https://www.youtube.com/watch?v=6i02I7MO3tw

ツタンカーメンと王妃のエピソードは、私の本『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』の序文でも紹介しています。ぜひご覧くださいネhappy01

★ヤグルマギク(キク科・1年草)
学名:Cenaurea cyanus
シンボル:永遠の愛、誠実、死と再生
裏シンボル:独身のみじめさ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

2018.5.15FMラジオ出演ブック・アンソロジー第11回ボタン

Rimg0040_r_2

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

5月は「ボタン」についてお話しします。

シンボルは「冨と豊穣」。古代から花の王様として、成功と出世とをもたらす花といわれてきたボタンのエピソードをお楽しみくださいheart04

◎番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。
◎放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。
第11回 2018年5月15日(火)放送

※私の本『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』200ページもあわせてご覧くださいネhappy01

★ボタン(ボタン科・落葉低木)
学名:Paeonia suffruticosa
シンボル:富貴、最高の美人、権威
裏シンボル:日本男児

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

2018.4.18 『花のシンボル事典』が重版になりました!

【最新刊 重版のお知らせ】

2017年に出版した『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』が重版になりましたhappy01

昨年6月に出版して、その年のうちに重版の連絡をいただくのは初めてのことです。

多くの皆さまに手に取っていただいたおかげです。ありがとうございますheart04

読者の方からのアンケートハガキに嬉しいメッセージがありました。

この本を買った理由として、「花束を贈るとき、カードの添え書きに♪」。

書店で見て、買ってくださったそうです。嬉しいですね。

大切な人に花を贈るとき、お庭で育てたり、部屋に飾ったりする花を選ぶとき、シンボルから選ぶ、そんな楽しみが味わえる本です。

花の象徴、名前の由来、歴史上の人物のエピソードなど、この花にこんな深い意味が!という驚きもあると思います。

みなさまの日常を豊かに、お役に立てる本であり続けますようにheart02

★本の詳細はこちらからご覧ください。
『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』
 杉原梨江子著(説話社刊,2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

財務省・福田事務次官のセクハラ疑惑報道に思うこと

米国で「#Me Too」ムーブメントを起こした報道が、2018年ピュリッツァー賞を受賞しました。一方、日本では「Me Tooが広がらない」と海外メディアが報じています。

財務省・福田淳一事務次官のセクハラ発言問題。あんな程度のことなら、日常茶飯事。女性記者、ライターだけでなく、働く女性はみんな多かれ少なかれ経験しているんじゃないでしょうか? 

渦中のニュースは政治家のモラルの問題ではなく、この国の男と女の問題です。

日頃セクハラ発言があまりに多いので、夕方以降、男性編集者と2人きりで会わない、を鉄則としてきました。しかし、昼でもセクハラ発言をする男性はいるし、夜の会食などで大勢人がいても卑猥な発言を繰り返す男性も多い。これが現実です。

しかし、誠実な男性編集者や仕事関係の人たちと、セクハラ発言の多い男性とは、全く違う外見や仕事ぶりかというとそうでもなく、いたって普通の、人当たりのいい、ご挨拶程度なら「いい人だな」と信頼できる雰囲気の人、仕事ができる人も多いのです。訴えても信じてもらえないかもしれない。そこが女性が告発する難しさとなっていると思います。

男性編集者、取材相手、仕事関係者等からの忘れがたいセクハラ発言。「ホテルに行こう」「関係を持ったほうが仕事がうまくいくよ」「あなたと会うと〇〇〇したくなる」等々、すべて仕事の打ち合わせ中(!)での発言です。福田氏が言った程度の発言がセクハラと大問題になるなら、訴えればよかったと過去の自分が腹立たしくなる。泣き寝入り。結局、そんな仕事相手とは縁遠くなり、その編集部にも行きづらくなり、仕事をなくす。彼らは会社員なので、1人のライターが去ったにすぎず、痛くもかゆくもなく、今頃は定年退職して、悠々自適でしょう。

なぜ、訴えなかったのか?

セクハラをした人間よりも、自分のほうが不利になるだろうな、という判断です。

もしも告発した場合、まず「敵」となるのは、セクハラした人間を取り巻く、男性の上司、同僚、部下。さらに怖いのが女性。その編集部だけでなく、同業者の女性たちも批判の目を向けるでしょう。夜に2人きりになったのが悪い、そんなこと言われた(された)くらいで訴えるなんてバカじゃないの、仕事をとるために誘惑したんじゃないの、自業自得だ!などと非難を浴びるだろうなと怖かった。

結局、戦う勇気がなかったのです。

言葉によるセクハラにとどまらず、ある事件が起きた時(今思えば刑事告訴できた案件、強制わいせつ罪にあたる)、私はもう若いという年齢ではなかったので、こんな年で訴えるなんて恥ずかしいという思いもありました。他人にうまく説明する自信もなかった。何よりも、こんな問題を起こしたら、今後の仕事に影響があるだろうと思い、ぐっと我慢をしました。それに私はフリーランスで、1人で戦わなくてはいけませんでした。たった1人で、大手出版社の編集者相手に戦いを挑むのは、よほどの根性がないとできないと思います。

渦中にいる女性記者の今後の動向に注目したいと思います。彼女が大手新聞社や出版社など組織に所属する人間であることを祈ります。フリーランスだったら、この人は切り捨てられ、孤立無援となるでしょう。セクハラ問題を1人で戦うには相手が大きすぎます。政治家も新潮社も世間も、手玉に取るくらいの強い人であってほしいと切に願います。

人間は弱いものなのです。「Me Tooは日本では広がらない」今後もそうだと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

2018.4.17FMラジオ出演ブック・アンソロジー第10回スミレ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

4月は「スミレ」についてお話ししました。

この小さく、可憐な花を愛した人物は、あのナポレオン。その皇后ジョゼフィ―ヌとの恋の物語とともにお楽しみくださいheart04

番組名
エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時35分から。

※動画ラジオ、YouTubeでお聴きください。

第10回 2018年4月17日(火)放送

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧