News ニュース

2017年9月20日 (水)

2017.9.19ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第3回彼岸花

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

9月は「彼岸花」についてお話ししましたよheart04

子供の頃から、花の中で、いちばん好きな花です。怖い花?不吉な花?いいえ、とっても素敵なシンボルをもつ花なのです。放送をお楽しみにhappy01

番組名:エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。

※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第3回 2017年9月19日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=w7qKaNPa3JE


Img_8808_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

2017.8.22ラジオ出演「ブック・アンソロジー」第2回アサガオ

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花を紹介するラジオ。

8月は「アサガオ」についてお話ししましたよ。

番組名:エフエムふくやま・本の情報「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

放送日:毎月・第3火曜日の19時25分から。

※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

★動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第2回 2017年8月22日(火)
https://www.youtube.com/watch?v=PTlXsuDgTAg

20080624_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

2017.8.11『花のシンボル事典』が「週刊読書人」で紹介されました

Img_3580_r

【新聞掲載のお知らせ】

6月20日に出版した『神話と伝説にみる 花のシンボル事典』が、書評の専門新聞「週刊読書人」に紹介されました。ぜひご覧ください。

Img_3581_r_2






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

幻の原爆映像・植物班の撮影メモ

東京で広島原爆を学ぶ勉強会で出会ったカメラマン、能勢広さんの展覧会に行ってきた。正確に言うと、準備中のギャラリーへ。明日8月5日から、能勢さんのおじいさん、原爆映像を撮ったカメラマン鈴木喜代治さんのドキュメンタリー映画が上映される。と同時に、鈴木さんの残した撮影メモがパネル展示される。

●タイトル;記録映画「広島原爆 魂の撮影メモ〜ある映画カメラマン鈴木喜代治が記した広島〜」
●日時;8月5日(土)から9日(水)11時〜18時、映画は全3回。
●場所;アートギャラリー884(お茶の水駅から徒歩10分。文京区本郷3ー4ー3 ヒルズ884 お茶の水ビル1F)

鈴木さんは、1945年9月から学術調査団に同行した日本映画社の撮影カメラマンとして、広島に入られた。私にとって、何に興味惹かれるかというと、鈴木さんのチームは生物班(植物班)である。撮影メモにはどんな植物を発見したか、植物の様子が細かく描いてあった。被爆後のマツ、ハギ、ヒマ、エノコログサ(ネコジャラシ)など。

じつは、この原爆映像を、私は2016年初春に見ている。被爆直後の「被爆樹」の様子を知りたいと思い、日映映像(当時は日本映画社)の東京支社長Y氏のご好意で映像を見せてiいただいた。熱線の跡を残すヒイラギ、奇形となったヤツデなどを興味深く見ていたのだが、それを撮影した人と巡り会うとは! なんという幸せなご縁。原爆映像を撮影者がどんな人か、あまり考えたことがなかったが、能勢さんとの出会いで知ることができた。ほとんどのカメラマンが映像フィルムしか残していない中で、能勢さんのおじいさんは詳細な「撮影メモ」を残されていることが、当時を知る手掛かりとして、非常に重要なものとなっている。
このパネル展示では、小さな一冊の撮影メモが大きく引き伸ばされ、読みやすい形で展示でされている。

被爆樹の取材を初めて以来、「いつ、芽は出てきたのか?」広島の人々に問いかけてきた。爆心地でそれに答えてくれる人はいない。撮影メモはその疑問にヒントをくれるかもしれない。

植物班、医学班、物理班が撮影した原爆映像は1946年、米国に没収された。長い歳月を経て、20年後の1967年に複製が日本に返還された。ただし、ナレーションも字幕もすべて英語で編集され、日本独自の調査とは言えないものとなっていたため、「幻の原爆映画」と呼ばれる。現在、DVDで販売されているものは米国の解説文を翻訳したものである。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

2017.7.18ラジオ出演FMふくやま「ブック・アンソロジー」

Img_1658_r

【ラジオ出演のお知らせ】

月に1度、新刊『花のシンボル事典』から季節の花をご紹介することになりましたheart04

tulip番組名:エフエムふくやま
本の情報番組「ブック・アンソロジー」
<もっと素敵にマイライフ>のコーナーにて。

tulip日時:毎月・第3火曜日の19時25分から!

※日本全国どこからでもWEBでお聴きになれます。 

flair動画ラジオも出来ました。YouTubeでお聴きください。
第1回 2017年7月18日
https://www.youtube.com/watch?v=QWCcWLI5aAc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

2017夏「原爆から蘇ったヒロシマの木」展のお知らせ

2017夏「原爆から蘇ったヒロシマの木」展&講演】

今年の夏も、「被爆樹 Atomic Bombed Trees」を日本中の人に伝えるため、展覧会と講演会を行います。ぜひ、いらしてください。そして、ご家族やお友達、お知り合いの方々に聞いてください。

「被爆樹って、知っている?」

まだ、ほとんどの方がご存じありません。どうぞ、あなたのひと声で、あの焼け野原のヒロシマから再び芽を吹き返し、今も生き続けている木々があることを伝えてください。

よろしくお願いいたしますconfident

 

東京都
・千代田区立日比谷図書文化館(7/188/18
※併設展示「詩画人・四國五郎「おこりじぞう」原画展」
(協力:ご子息・四國光氏、金の星社)
http://rieko-sugihara.com/information/2017718Hibiya-Tosho%20.html

・港区立麻布図書館(8/88/16

山梨県
大月市立図書館(7/38/31) 
7/30ライブラリー・トークhttp://rieko-sugihara.com/information/2017730Yamanashi-library.html

広島県
東広島市立図書館 
8/9小学生向けおはなし会「ヒロシマの木」
http://rieko-sugihara.com/information/201789Higashihirosima-Library%20Talk.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

『花のシンボル事典』初夏出版予定

Img_1658_r_3

ここしばらく、向き合ってきた「花」たちの神話、伝説、古代文明の神秘……。

昨日、編集者Sさんに最終原稿を渡して、少しほっとしたところです。

この企画を出版社に持ち込んだのは2013年、出版までに長い時間がかかってしまいました。

やっと、やっと、1冊の本という形になります。

ずっと「木」を見つめてきた私に、花たちがささやいてくれたからでしょうか。

「花」に目をとめ、心を向けて、書き始めました。

タイトルは、『花のシンボル事典』 (説話社より)。

内容は、古代エジプト、古代ギリシャ・ローマなどの花の誕生伝説や神話、古代文明におけるシンボル、歴史上の人物の花のエピソードなど、古代から現代まで受け継がれる「花のシンボル」を集めた事典。

バラ、ユリ、スミレなど身近な花から、日本ではなじみがなくても、世界では聖なる花とされるギンバイカ、クサノオウなどまで、約220種類の花を紹介しますheart04

初夏5月頃、出版予定です。

少し先ですが、お楽しみに待っていてくださいネhappy01

 







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

20166,6,11 朝日新聞に『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』が掲載されました

Img_5177_r


Img_5175_r

6月11日、朝日新聞に新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』(幻冬舎)を紹介していただきましたheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新刊「自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉」をあなたに

Hokuo_0511_01_r_2

この本は、人間の善意を信じて生きてきた人にこそ、本書を読んでいただきたいと思います。

和を尊び、自分よりも人の立場に立って物事を考える人、思いやりの心をもった優しい人。

しかし、人を信じたゆえに悲しい思いもたくさんしてきたあなたに、神々は語りかけています。

もうそろそろ、自分の思うがままに人生を歩いてもいいのではないですか、と。

自分自身の人生を歩こうと決めたあなたに、本書を捧げます。


幻冬舎より6月9日出版
『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉」』

※書店の自己啓発コーナー、アマゾンでご購入できます。

https://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B-%E8%B6%85%E8%A8%B3%E3%80%8C%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%A5%9E%E8%A9%B1%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A8%80%E8%91%89-%E6%9D%89%E5%8E%9F-%E6%A2%A8%E6%B1%9F%E5%AD%90/dp/4344029585/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1465657621&sr=8-1&keywords=%E8%87%AA%E5%88%86%E3%82%92%E4%BF%A1%E3%81%98%E3%82%8B

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

2016.6.9 新刊『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』

20160601_182737_2_r

新しい本を出版します。17時、編集者のKさんが持参してくださいました。

◎タイトル:『自分を信じる 超訳「北欧神話」の言葉』
◎出版社:幻冬舎
◎本体価格:1200円+税

「北欧神話」と出会って、どれくらい経つだろう。いちばん、伝えたかったこと、いちばん、感動していたこと、この一冊にぎゅっとつめました。

「自分を信じる。それができれば、人生は孤独な戦いではなくなるのです。」 (本書より)

6月9日(木)、書店に並びます。アマゾンで発売開始されます。

本の出版にあたり、幻冬舎ホームページでも記事を配信します。アップしたらお知らせします。

お楽しみにhappy01 ・・・って、本屋さんに並ぶのも、HPでの記事配信も、誰より、わたしがいちばん楽しみですheart04





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧